赤ちゃんが欲しい

z赤ちゃんが欲しいあなたへ、赤ちゃんが出来ない理由や原因について記しています。

Home

生活習慣によって赤ちゃんができにくくなる?

生活習慣によって赤ちゃんができにくくなることがあります。

・冷え性
・食べ物
・ストレス


こういったことが原因で赤ちゃんができにくくなります。

冷え性の女性って、結構いますよね。

実は、冷え性によって赤ちゃんができにくくなってしまうってご存知ですか?

体が冷えることにより、生殖機能が低下して、赤ちゃんができにくくなってしまうのです。

最近は夏場だけでなく、冬場も薄着をする女性が増えてきています。

また、冷たいものを食べたり飲んだりすることでも、体が冷えてしまいます。

こういったことが赤ちゃんをできにくくしてしまうのです。

そして食べ物も、昔に比べて脂っこい物や添加物が多いものを摂ることが多くなりました。

これらの食べ物は、体を冷やしたり、体内に活性酸素を増やしたりする食べ物なんです。

そうすることで、赤ちゃんができにくい体質になってしまいます。

そしてストレスは、赤ちゃんが欲しい人にとって大敵です。

ストレスを感じることで、体のバランスが崩れてしまいます。

すると、生理不順になったり、排卵障害が起きることがあります。

そうすると、赤ちゃんができにくくなってしまうのです。

赤ちゃんが欲しい人は、こういったことに気を付けることで、赤ちゃんができやすい体質に改善することができます。

タバコを吸うと赤ちゃんができにくい?

タバコを吸うと赤ちゃんができにくくなります。

タバコが体に良くないってことは、みなさんもご存知ですよね?

体によくないだけでなく、赤ちゃんができにくくなってしまうのです。

タバコを吸うと、卵巣機能が低下して、卵子に悪影響を与えてしまいます。

また、タバコを吸うと、体内に活性酸素が増えてしまいます。

活性酸素って、体にもよくないのですが、老化を進めてしまうものなんです。

すると、卵子までもが老化し、妊娠しにくくなります。

タバコって、本当によくないものなんです。

有害物質が沢山入っていますし、赤ちゃんが欲しいのであれば、吸ってはいけません。

吸ったからといって、絶対に赤ちゃんができない訳ではありませんが、確率は確実に下がります。

それに、タバコって赤ちゃんにも悪影響を与えてしまうものです。

だから、妊娠した時のことを考えると、もしタバコを吸っているのであれば、できるだけ早く止めた方がいいんです。

また、男性は関係ないと思うかもしれませんが、男性も関係あります。

男性もタバコを吸うと、精子に悪影響を与えてしまいます。

もし、ご夫婦ともにタバコを吸っていて、赤ちゃんが欲しいと望んでいるのであれば、できるだけ早く禁煙をしたほうがいいでしょう。

肥満が原因で赤ちゃんができなくなるの?

肥満が原因で赤ちゃんができなくなるのかというと、できにくくなる場合があります。

肥満になると、卵胞ホルモンが脂肪の中に蓄積されてしまいます。

そうすると排卵しにくくなってしまうのです。

排卵しにくくなってしまうと、どうしても赤ちゃんができにくくなってしまいます。

また、脂肪が多いと、血行が悪くなります。

血行が悪くなることで、栄養や酸素が運ばれなくなり、子宮内の環境が悪化してしまいます。

これも赤ちゃんができにくくなる原因の1つです。

だから、あまり太りすぎていると、なかなか赤ちゃんに恵まれなくなるのです。

もし赤ちゃんが欲しいと考えているのであれば、あまり太らないようにしなければいけません。

また、もし太っているのであれば、少しダイエットをしたほうがいいでしょう。

ただ、無理なダイエットはしてはいけません。

無理なダイエットをすると、ホルモンのバランスが崩れてしまい、赤ちゃんができにくくなります。

もし、ダイエットをするのであれば、食事改善や運動を取り入れるなどして、健康的なダイエットをするようにしましょう。

赤ちゃんが欲しい、赤ちゃんが欲しい、赤ちゃんが欲しい